【売れる予感しかない!】トヨタ・ライズ(RAIZE)はコンパクトSUVに求めていたモノが全て凝縮されている!

【売れる予感しかない!】トヨタ・ライズ(RAIZE)はコンパクトSUVに求めていたモノが全て凝縮されている!
【記事内容】トヨタ・ライズ(RAIZE)の良い所をまとめてご紹介!

 

こんにちは。筆者のma2ka(マニカ)です。

 

今回はTOYOTAから発売されたコンパクトSUV・ライズについて記事にしたいと思います。


出典:トヨタ自動車ウェブサイト

 

本ブログの過去記事でオススメのコンパクトSUVについて下記で触れました。

 

上記の記事作成時はライズはまだ発売されていませんでしたが、今回発売されたライズのスペックを見るとコンパクトSUVに求めていたモノが凝縮されていて、まさに日本人にベストマッチな一台だと筆者は感動しております。

 

今回はそんなライズの良さについてご紹介していきたいと思います。

 



スポンサーリンク

車体サイズ&取り回し易さ

特筆すべきは車体サイズです。多くのコンパクトSUVと呼ばれる車種はコンパクトはいうても3ナンバー(車幅1695㎜より大)なのに対して、ライズは5ナンバー(車幅1695㎜以下)に抑えられています。素晴らしい!

 

5ナンバーサイズのコンパクトSUVでいくと、スズキのクロスビーくらいしか思い当たりませんが、クロスビーはどちらかというと軽自動車のハスラーの延長線上で、どうしても軽を少し大きくしました的な感じが拭えませんでした(クロスビーよ、勝手な事言ってごめなさい)。

 

しかし!ライズは5ナンバーながら、その外観は威風堂々!クロスビーのように軽の延長でコンパクトSUVを造った感じではなく、どちらかというとRAV4をギュッと一回りコンパクトにした感じを受けます(あくまで筆者の主観よ♪)。

 

フロントマスクから車のサイド面、そして後ろ姿に至る一連の流れが非常に素敵で5ナンバーサイズには見えないカッコよくてSUVらしい力強い雰囲気があります。

 

車体の取り回し易さもウリの一つです。下の表はライズとその他のコンパクトSUVのスペックを比較した表になります。

ライズの最小回転半径は4.9mですが、この値はジムニーシエラと同等で、それ以外のどのコンパクトSUVよりも優れた数値です。

 

ちなみにトヨタのアクアの最小回転半径が4.8mですので、取り回し易さはコンパクトカーと同等レベルです。

※スマホで閲覧の方は左右スワイプで表をスクロールできます。

車種 画像 メーカー
ボディサイズ
全長(mm) 
全幅(mm)
全高(mm)
室内寸法
長さ(mm)
幅(mm)
高さ(mm)
燃費 (km/L)
※1、2
最小
回転
半径
エンジン
排気量
※1
価格
※1、2
車種
ライズ
(RAIZE)
トヨタ
(日本)
3995 mm
1695 mm
1620 mm
1955 mm
1420 mm
1250 mm
23.4 km/L 4.9 m 1.0 L 168万円~ ライズ
(RAIZE)
CH-R トヨタ
(日本)
4360 mm
1795 mm
1550 mm
1800 mm
1455 mm
1210 mm
HV
30.2km/L

ガソリン
15.2km/L 
5.2 m HV
1.8 L
ガソリン
1.2 L
HV
262万円~
ガソリン
229万円~
CH-R
ヴェゼル ホンダ
(日本)
4295 mm
1770 mm
1605 mm
1930 mm
1485 mm
1265 mm
HV
27.0km/L
ガソリン
21.2km/L 
5.3 m HV
1.5 L
ガソリン
1.5 L
HV
246万円~
ガソリン
208万円~
ヴェゼル
CX-3 マツダ
(日本)
4275 mm
1765 mm
1550 mm
1810 mm
1435 mm
1210 mm
ディーゼル
23.2km/L

ガソリン
16.2km/L
5.3 m ディーゼル
1.8 L
ガソリン
2.0 L
ディーゼル
244万円~
ガソリン
213万円~
CX-3
XV スバル
(日本)
4465 mm
1800 mm
1550 mm
2085 mm
1520 mm
1200 mm
HV
19.2km/L
ガソリン
16.3km/L
5.4 m HV
2.0 L
ガソリン
2.0 L, 1.6 L
HV
283万円~
ガソリン
214万円~
XV
ジムニー
シエラ
スズキ
(日本)
3550 mm
1645 mm
1730 mm
1795 mm
1300 mm
1200 mm
13.6km/L ※3 4.9 m ガソリン
1.5 L
192万円~ ジムニー
シエラ
ジューク 日産
(日本)
4135 mm
1765 mm
1565 mm
1835 mm
1470 mm
1215 mm
18.0km/L 5.3 m ガソリン
1.5L, 1.6L
198万円~ ジューク
C3 シトロエン
(フランス)
3995 mm
1750 mm
1495 mm
データ
なし
18.7km/L 5.5 m ハイオク
1.2L
222万円~ C3
2008 プジョー
(フランス)
4160 mm
1740 mm
1570 mm
データ
なし
18.5km/L 5.5 m ハイオク
1.2 L
265万円~ 2008
キャプチャー ルノー
(フランス)
4135 mm
1780 mm
1585 mm
データ
なし
17.2km/L 5.5 m ハイオク
1.2 L
270万円~ キャプチャー
500X フィアット
(イタリア)
4250 mm
1795 mm
1610 mm
データ
なし
15.0km/L 5.5 m ハイオク
1.4 L
310万円~ 500X
レネゲード ジープ
(アメリカ)
4255 mm
1805 mm
1695 mm
データ
なし
15.5km/L 5.5 m ハイオク
1.3 L,
1.4 L
ガソリン
2.4 L
293万円~ レネゲード
Q2 アウディ
(ドイツ)
4200 mm
1795 mm
1500 mm
データ
なし
19.8km/L 5.1 m ハイオク
1.0 L,
1.4 L
299万円~ Q2
GLA ベンツ
(ドイツ)
4430 mm
1805 mm
1510 mm
1840 mm
1420 mm
1180 mm
16.0km/L 5.7 m ハイオク
1.6 L,
2.0 L
414万円~ GLA

※1:『HV』はハイブリッド仕様を、『ガソリン』はレギュラーガソリン仕様を、『ハイオク』はハイオクガソリン仕様を示しています。
※2:各グレードの中で最も良い数値を表記しています。
※3:ジム二―シエラのみWLTCモードの燃費を記載しています。他車種は全てJC08モード表記している為、ジムニーシエラのみ直接比較てきませんのでご了承下さい。
上記表に記載の数値は、ライズ以外は2019年2月時点でのデータとなります。フルモデルチェンジ、マイナーチェンジによってサイズや価格などが変更となる場合がありますのでご了承下さい。

 

積載量(トランクの広さ)

ライズの荷室ですが、荷室容量が369Lです。

この容量がどの程度かについて、他車と比較してみると、

 

例えば、

マツダ CX-3350L

ホンダ ヴェゼル404L

トヨタ CH-R は318L

という事で、ヴェゼルを除けば3ナンバーサイズのコンパクトSUVよりも荷室容量が大きく、5ナンバーサイズとしては超優秀かと思います。

 

どんなユーザーをターゲットにしているか?

コンパクトSUVとして優秀で使い勝手が良さそうなライズですが、筆者的にどういったユーザーをターゲットにしているかをまとめてみました(あくまで筆者の主観よ♪)

 

① 子どもが2人ほどいる若い家族 (20~30代)
車にお金はかけたくないが(車の優先順位が低い)、どうせなら軽やミニバンではなくオシャレでカッコイイ車に乗りたい!って思っているママ・パパの心に刺さる一台ではないかと思います。

家族みんなでアクティブに山や海におでかけしたい!だけど、車は軽やミニバンではなく、個性のある車に乗りたい! だけど個性のある車にしようと思うとお値段が、、、、

 

そんなパパ・ママにライズは打ってつけな気がします。

価格も167.9万円~なので、ヘタしたら軽よりも安く買えちゃう可能性がありますからね。

 

② 社会人になって10年未満の独身男性 or 女性

ここ最近、若い人の車離れが進み、20代や30代の方は車にお金をかけるくらいであれば、他の事(ファッション、旅行、趣味など)にお金を使いたいと思っている人が多いのではないでしょうか?

 

とはいっても、SNSなどを通して昔よりも『個』が重視される今の世の中、軽やコンパクトカーではなく、より自分らしさをアピールできるSUVは心惹かれるかと思います。

ただ、そこでネックになるのが、車の購入資金、、、、。しかし!ライズは上述の通り、へたしたら軽自動車と変わらない価格なので、若い社会人にも打ってつけの一台ではないでしょうか!?

 

まとめ

という訳で、今回はトヨタから発売されたライズについて延々とその良さをご紹介させて頂きました。

過去記事で下記のようなコンパクトSUVを紹介する内容を書きましたが、その中で日本の道路事情や環境にあったコンパクトSUVがあまりないと述べました。

 

いろいろ装備付けたり、デカけりゃいいってもんじゃないでしょ~。偉大な建築家 ミース・ファン・デル・ローエの名言の『Less is more』の精神を自動車業界も見習ってほしいもんです。

 

そんな中で、今回トヨタから登場したライズは、筆者的にはまさに『そう!こういうサイズ感のコンパクトSUVを待ってました。』という想いで感動しました(大袈裟)。

 

そんな想いがあった為、ついついライズについて熱く語ってしまいましたが、筆者は決してトヨタのディーラー関係者ではありませんので。。。。

 

【車幅1.8m以下】購入してドライブしたくなる!おすすめのコンパクトSUV14選

最後まで閲覧して頂きましてありがとうございました。

皆さんのカーライフがハッピーなものになりますように♪

 

今日はここまで。それでは~。

カーライフカテゴリの最新記事